おすすめ宿泊プラン

    紅葉シーズンはめずらしい現象からスタート

    2017年10月2日

    宮城県の10月と言えば、県北の栗駒山の紅葉のスタート!
    一年で一番忙しくなる現地では紅葉狩りや登山客のために臨時シャトルバスも
    運行するほどの盛況ぶりです。
    
    鳴子も午前中は薄曇りでしたが昼前には晴天になって
    私自身も仕事を切り上げて山に行きたいと思うほど好天に恵まれました♪
    
    でも、午後になってふと空を見上げてみると
    
    
    
    太陽の周りに虹がかかったような光景が見られました。
    気になって調べてみましたが、これは「ハロ現象」と言われる
    わりとめずらしい気象現象だそうです。
    
    メキシコではこの現象を見て、不吉なことが起こる前兆とか
    UFO説まで流れるほど大騒ぎしたことがあったようです。
    
    でも科学的には空の高いところに薄い雲があることによって
    光が反射して起こる光学現象とのこと。
    一般的にこの現象が見られるときは天気が下り坂になっている
    ことを意味するものだそうです。
    ちなみに夜には月の周りに薄い光の輪が見えました。
    これも同じ原理だそうです。
    
    めずらしいものを見たと感動していましたが、
    内容を見てちょっとがっかり・・・
    
    やっと見頃を迎えた栗駒山の紅葉に影響が出ないことを
    心から願う次第です。。。
    
    皆さんもちょっとした時間に空を眺めてみると
    面白い現象に出会えるかもしれませんよ♪