おすすめ宿泊プラン

    あまり知られていませんが・・・

    2017年05月2日

    東北自動車道「古川IC」より鳴子方面に約18km進むと
    大崎市指定文化財の天然記念物があります。
    
    kaya1
    
    樹齢830年の榧(カヤ)の木に、霞桜が共生している珍しい風景です。
    地元では「矢木のカヤ」と呼ばれています。
    
    大崎市ではすでに葉桜になっていますが、ここの桜は開花時期が遅く
    今が見頃を迎えています(ちょっと散り始めですが)。
    
    kaya2
    
    場所は大崎市古川から国道47号線を新庄方面に進んで
    JR池月駅やあ・ら・伊達な道の駅付近から約1kmほど行くと
    右手の山側に見えてきます。
    
    明日も天気は良好のようですので、キレイな桜が見えるかもしれません。
    強風が吹かないことを祈ってます。。。
    
    近くを通る際にはぜひチェックしてみてくださいね。