クラウド型メール配信システムのデメリット

機能面で自由度が低いので注意

クラウドタイプのメール配信システムはコストが非常に安いです。そのため多くのECショップが導入をしています。基本的に環境に左右されずに利用できるので使い勝手も優れているのがメリットです。ただしデメリットもあるので注意しておきましょう。クラウドタイプのメール配信サービスは自社の要望を必ず叶えてくれるというわけではありません。これは業者が予め決めている機能を搭載しています。顧客がこういう機能を利用したいという要望があっても実装されない可能性があるので注意をしておくと良いです。もしかしたら将来実装される可能性はありますが、あまり期待はできないでしょう。クラウドタイプを選ぶときは、将来をも考えて自社に必要な機能を提供しているところを利用するのがおすすめです。

基本的にデメリットは少ないので利用して損はない

クラウドタイプのデメリットは自由に機能拡張ができない部分です。他のデメリットですが月額料金制なので毎月固定費がかかります。ただオンプレミスのように膨大なイニシャルコストとランニングコストがかからないので多くの方が利用しています。クラウドタイプのメール配信サービスを利用しなければ必然的にオンプレミスを導入する事になってしまいます。大企業なら良いですが中小企業だとコストがかかるのでデメリットは大きいです。総合的にみるとクラウドタイプはデメリットはあるものの、資金力に不安があるのなら導入して損はないサービスです。毎月の料金も固定されているので、どれくらいの料金が必要なのか把握しやすい点も魅力でしょう。