オンプレミス型のコスト

本体だけでなく諸費用もかかる

メール配信システムを構築するときにオンプレミスタイプを導入できます。これは自社にサーバーを導入してシステムを構築するものです。クラウド型のメール配信サービスと比較したいときに結構なコストが掛かってしまいます。どれくらいかかるのかというと内容により変化します。オンプレミス型を採用するときに必要になるのがサーバーです。これは普通のパソコンよりも高額で販売されています。システム構築をするのなら安く見積もっても150万円くらい、高いと500万円くらいは必要です。さらにサーバー料に10,000円前後がかかります。サーバーのレンタル料についてはあまり気にする必要はありません。これは高くても1,000円以上です。また保守やセキュリティ対策をする費用も必要です。

サーバーレンタル料について知っておこう

オンプレミス型のメール配信はサーバーを利用するので月額料金がかかります。基本的にサーバーの性能などにより料金が大きく変化するので注意しておきましょう。レンタルサーバーではいくつかのものが用意されています。それぞれのサーバーによりUIの使いやすさなどに違いがあるので料金だけで選ばないようにします。中にはトライアルを提供しているところもあるのでうまく使ってみると良いです。トライアルは一定期間無料でレンタルサーバーを利用できます。ちなみにレンタルサーバーでは契約期間に応じたプランも用意されています。契約期間が長くなるほど月額料金が割引されるシステムです。このシステムを使用すれば年間の費用を大きく削減できるでしょう。