クラウド型メール配信システムのコスト

クラウド型メール配信システムのメリット

メール配信システムにはクラウド型とパッケージ型があります。近年、企業などにおいて注目されているのがクラウド型メール配信システムなのです。クラウド型のメリットとしては、自前でサーバーを用意したりする必要がなく、機能面でも優れている上に安定して運用することが出来るということです。どうしても自前で用意する場合にはセキュリティなどの対策をしっかりと行わなければならないですが、クラウド型であればサービス会社の機能を利用できるため安心です。また、社外からでもアクセスできたりするなど時間や場所などを選びません。メール配信システムに限らず、今は様々なソフトやサービスがクラウド化しているため、導入へのハードルも低いのではないでしょうか。

クラウド型メール配信システムのコストはどれくらい?

クラウド型メール配信システムは、プラットフォームをサービス提供会社のものを利用することが出来るためサーバーなどの費用がかかりません。イニシャルコストとしては、契約を交わす際の登録手数料などといった初期費用のみです。ランニングコストとしては、契約したプランの月額料金のみなので非常にシンプルでわかりやすくなっています。具体的な金額はサービス提供会社によって異なりますが、初期費用としては1万円から5万円程度でしょう。場合によっては初期費用無料な場合もあります。月額費用は月間配信数によって異なるので、利用する規模によってかなり変わってきます。サービスについても必要なものは後から追加ということが出来るので、無駄が生じにくいです。

メール配信のサービスでは一斉送信や自動送信、メールのカスタマイズなどを行ってくれます。配信リストの管理もしてくれるので誤配信の心配も不要です。業務の効率化やマーケティングの向上に繋がるでしょう。